« 朧の森に棲む鬼 | トップページ | 1.27 覆面MANIA3 »

朧の森に棲む鬼 其の弐

E_oboro_2 またまた観てきました。
☆新感線の舞台。
at演舞場。

東京の楽日前日だったので
結構会場前から人がたくさん。
今回は、演舞場の中で
←の特製弁当を購入。
幕間で食すコトに。
他の劇場では、
座席での食事はNGが多いけど
ココは、大丈夫なのがとても嬉しい。
味も外見も、美味しかったなり。

1回観ているので、あらすじは分かっているけど
何度観ても、イイものはイイっ!

今回のお席は、1階の7列目の上手側。
前回とは打って変わって舞台が間近なのに
まずは、圧倒される。
表情がよ~~くジックリ観れて
オボロたちの顔までハッキリとわかるし
衣装の細かい部分まで見えた。
前田さんの背中の筋肉・・とってもカッコよかった(*´∀`)
↑オイラの観る場所、間違ってる?

主役が「悪者」の今回の物語。
ライさんがのし上がっていく様を見て取れるのが
衣装言葉遣い

最初、ライさんが出てきた時の衣装はボロボロ服。
ライさんだって、判明するまでに時間がかかったくらい
「その他大勢」な衣装。
それが、王妃の寵愛を受けるようになり
検非違使に加わり、将軍にまでのし上がる。
衣装がドンドンきらびやかになって、ステキなんだけど
衣装と反比例に心が真っ黒クロスケになっていく
ライさんは・・・きっと歯止めが利かなくなってたのかもね。

衣装で言うと、オボロの3人が着ていた白装束。
遠くで見ると同じに感じたけど
今回近場でみたら・・3者3様の微妙にデザインが違っていて

この方が奈津子嬢で、真木さんで、聖子サマね(≧ω≦)

と分かるようになっていたんだなぁ・・とシミジミ。
3名の麗しき女優の演技も、ステキでした。
聖子サマの爪楊枝のツマの話をしてる表情や、
和歌を詠んでる表情。王に毒を盛った時の表情。
女の裏の裏の部分が存分に出てました。
キュートさがいいですわ。

奈津子嬢は、いつ見ても凛としたお姿がホント素敵で
惚れちゃいそう。
昨年から、労働者M・タンゴと今回で3回目の
奈津子嬢の出演舞台を観ているオイラですが・・
すっかりストーカー?な気分です。

真木さん、初観だと思うんですが・・
小さな体でありながら
声が通ってハリがあって、素敵でした。

☆新感線と言えば、日替わりの小ネタが
随所に登場するんですが・・・・
前回、覚え切れなかったのでメモを取ることにしました。
(メモって言っても、アンケートの裏なんですが)
でも・・笑いながら必死に書いてみたものの
ミミズが這ってるような文字で、ホント読めませんでした。
唯一覚えてるのが・・
中谷さとみさん演じるオクマが、
新太さん演じるマダレの名前を言う場面で・・・
  「え~~~っと・・・、オコゼ!」
と声を張り上げて言ってました。
新太さんの顔が、一瞬に見えちゃいました。
恐るべし、さとみさん・・・

そして、今回ハートを釘付けにしちゃってくれたのが
阿部サダヲさん!
検非違使の歌を歌いながら、花道ではない通路を通るんだけど
その通路の近くの席だったので
うひょ~い(≧ω≦)な気分でした。
そして、通路側の男性客にもたれ掛かった辺りで
オイラの方を見て、ウインクをしながら通り過ぎたサダヲさん。
ますます、うひょ~い(≧ω≦)でした。
すっかりキンタの虜です。

2007年早々、イイモノ観れたなぁ。
早くこの作品がDVDになるのを、心待ちにしてます。
出来れば、今年中に出して下さ~い。

次回、☆新感線は・・・
3月のロック★ミュージカル「TOMMY」
8月の夏休みチャンピオン祭り「犬顔家の一族の陰謀」
ですね。楽しみたわぁ。




|

« 朧の森に棲む鬼 | トップページ | 1.27 覆面MANIA3 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朧の森に棲む鬼 | トップページ | 1.27 覆面MANIA3 »