« 実に面白い・・・ | トップページ | 蜉蝣峠 その2 »

蜉蝣峠

3月中旬から、

☆新感線の劇団公演が始まった。


蜉蝣峠


S_kagero7 今回は、古田さんの
25周年記念も含まれているので
主役は、
古田さんのいのうえ歌舞伎。

そして、脚本は
クドカンこと宮藤官九郎氏。

面白い組み合わせに、
始まる前からワクドキ。

その上、共演に
大好きな堤 真一サマ。

☆新感線のアンケートに毎回書いたことが
報われたなぁ・・・と感激。


他に、勝地涼くんや木村了くん、小路勇介さんに高岡早紀さん
いい味は必ず出すだろう、梶原善さんなどの客演と

絶対的に必要な、劇団員のみなさま。

中島さん色じゃないけど、クドカン版いのうえ歌舞伎。
パンク壊と名打ってるので
いつもと違った目線で楽しもう!と思いながら赤坂ACTシアターへ。


今回は、FC先行などでチケットもかなり争奪戦だったけど
プレビュー公演を入れて5回分を確保。


その第1弾!プレビュー公演。

まっさらな気持ちで
見入っているうちに、幕間になり
一息ついてまた見入っているうちに終わってた。

映像や殺陣、☆新感線らしいやりとりに音楽。
今回の生音楽は太鼓!
以前、コクーン歌舞伎で体験したけど
いのうえ歌舞伎での太鼓は、五右衛門っぽい感じで
思わず手拍子したくなるリズムで良かった。

後半の劇団員だけの音楽。
もう、耳にこびり付いて・・・・
観終わってからも、鼻歌的に残ってたsmile

この日の公演は、ところどころに関係者が座り、
いろいろチェックをしていたので
本公演にむけ、多分修正が入るんだろうなぁ。

どんなところが変わるのか、次回はその辺を楽しみに。

|

« 実に面白い・・・ | トップページ | 蜉蝣峠 その2 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実に面白い・・・ | トップページ | 蜉蝣峠 その2 »