« 蜉蝣峠 その2 | トップページ | 久しぶりに・・ »

蜉蝣峠 その3

前回より1週間おいて、再び観劇。

残すは東京千秋楽と、その2日前の舞台。


4月に入り、多分演じてる俳優さんも疲れてるとは
思うけど・・・・
そんなこと、微塵もなく元気に走り回ってました。

ラッキーなことに、五右衛門に続き
今回も千秋楽のチケットが取れたのには感謝。

本公演が始まって思う事は
観るたびに、何かしら手直しが入ってる感じがしました。

軍鶏の動きとか、小道具だとか
間の取り方とか・・・

そして、☆新感線ならではの
散りばめられたアドリブの数々。

中でも、ガンバレー!と応援したくなったのが
古田さんと高岡さんの結婚のシーン。
小路さんが毎回、一発芸的な事をするんだけど
ウケがいまいち・・
千秋楽では、結構捨て身なネタだったと思います。

軍鶏リさんも、前半からいい感じで飛ばしてるし
劇団員の○フュームもどきも、
磨きがかかっていて良かったし。

最後の山場の殺陣シーン。
怪我なくやりきった・・・
悪役だった堤サマは、悪でもカッコイイと思いました。

S_kagero6 もちろん、千秋楽恒例の煎餅まき!
公儀役の俳優さんから、
無事にいただきました。

今回は、熱が入りすぎるくらい
観に行ってしまいましたが・・・
蜉蝣峠マンスリー、楽しめました。

☆新感線、
まだまだ楽しみにしてるので、
次回も期待してます!
DVDも早く発売してください。

|

« 蜉蝣峠 その2 | トップページ | 久しぶりに・・ »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蜉蝣峠 その2 | トップページ | 久しぶりに・・ »